デメリットについて

| コメント(0) | トラックバック(0)
過払い請求をこれからやろうと考える人が、まず気にするのが、デメリットがあるのかという点です。どのくらいのデメリットがあるのかという点と、どのくらい戻ってくるのかを天秤にかけて、デメリットのほうが大きいと判断したときに過払いの請求をしようということになるのでしょう。

デメリットとして、まず思い浮かぶのは、いわゆるブラックリストの問題です。ブラックリストというのは、いわゆる信用情報機関への登録を刺します。信用情報機関というのは、会員である貸金業者や信販会社、銀行が貸付を行う際の判断の材料とするため、過去のキャッシングやクレジットにかかる情報を登録する機関であり、JICC、CIC、KSCなどがあります。これらの信用情報に、信用に関する事故の情報、つまり延滞や債務整理などの情報が載ることを、ブラックリスト入りなどと一般的に呼ばれることがあります。

では、過払い金の返還請求をすると、このような「ブラック状態」となってしまうのでしょうか。

以前は、過払い金返還請求をしたという情報、もっと詳しく言うと、過払い請求があったときに「契約見直し」という記載がされる、ということがありました。しかし、この取り扱いは平成22年4月19日に廃止となりました。この日以降には契約見直しという登録がされることがなくなっただけではなく、過去に遡って契約見直しというコード(コード71)の登録をすべて抹消することとなりました。これにより、過払い金返還請求をすることで、信用情報上不利な扱いをされることがほとんどなくなりました。

しかし、注意しなければいけないのは、過払い金返還請求を行った際に、利息制限法の引き直し計算をした結果、債務が残り、その残債務について将来の利息の免除などを伴う分割払いの契約を行ったようなケースでは、「債務整理」という区分で登録がされ、やはりこれは事故の情報という扱いを受けます。

司法書士や弁護士に任意整理の依頼をしたのであれば、過払い請求の依頼をしたつもりで、信用情報には載らないと考えていたとしても、場合によっては上記「債務整理」の区分での登録がされることはありますので、この点には注意が必要でしょう。

過払いとブラックリストについて
過払い金返還請求をした場合の信用情報機関の取り扱いについて説明しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://challenge-kabaraiseikyu.com/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、webmasterが2011年4月11日 19:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「民事再生と過払い金の関係について」です。

次のブログ記事は「過払い請求を依頼した場合の費用・報酬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。