過払いの金利を取り戻すために、大阪で自力で挑戦した友人は、結局専門家に頼みました。

私、神戸の大学に通っていたのですが、大阪の友人がいました。その人、大阪の会社に勤めたのですが、元々、ギャンブルが好きで、ギャンブルにはまり消費者金融でお金を借り、返せなくなったのです。それで、彼は、自力で、過払い金返還に挑みました。ところが、大手の消費者金融ではなかったので、取引履歴を請求しても、送ってくれなかったそうなんですよ。ここで、彼は行き詰ってしまったそうなんです。この場合、方法はあるそうなんですが、時間がかかるので、仕事もしないといけないから、自力での返還請求を残念したそうです。結局、司法書士に頼んでやってもらったそうです。この返還請求は、結構、根性と時間が必要です。したがって、時間のある人ならいいのですが、仕事をしながらやろうとする人は、司法書士か弁護士に頼んだほうがいいようなことを言っていましたね。貸金業者は、大手はいざ知らず、小さいところは、ちょっと胡散臭い人間がやっていますから、なかなか自力でやるのは難しいようなことを言っていました。司法書士に頼んでも、取り返せるお金の20%程度を費用として払う気でいればいいので、それぐらいなら、払ったほうがいいよってことでしたね。

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年5月22日 09:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長期的にカードローンを利用している人ほど有利」です。

次のブログ記事は「許しません。大阪での過払い取り戻し大作戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。