相手先が破産などしてしまったら返ってこなくなる場合もあります

みなさん、ローンやクレジットなどを利用していますか?消費者金融などに多額の借金をしていませんか?
払っても払っても返せないって悩んでいる人もいるでしょう。知っていますか?消費者金融などの貸金業者は、利息制限法という法律に違反した利息をとっていることがあるそうですよ。だからあなたもそうなのかもしれません。
そこでまずは、それに詳しい弁護士や専門の方に相談するのが1番です。そしたら返還請求手続きができるのです。これは難しいから自分でやるのは大変です。だから是非司法書士事務所などに相談してみましょう。それも早いほうがいいですよ。もし、相手先が破産などしてしまったら返ってこなくなる場合もありますからね。最近は、過払い金の請求が激増して、払い切れずに倒産する貸金業者も増えてきているようです。
完済している人でも、取引終了から10年までなら請求できるそうですよ。もし、思い当たる人がいれば、まずは、弁護士を探して相談してみましょう。そして少しでも借金が軽くなれば生活も変われるかもしれませんよ。

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年4月28日 11:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「消費者金融も倒産することがあるから、請求はお早めに」です。

次のブログ記事は「多重債務問題解決プログラムというものを国・自治体及び関係団体が一体となって実行しています」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。