消費者金融も倒産することがあるから、請求はお早めに

金融会社に過去に払い過ぎた利息の返還請求にチャレンジするには、やはり弁護士とかの専門家に相談することが必要だと思います。そのためにはやはりそういったことを勉強して知っておく必要があるのではないかと思います。
僕自身はそういったことは今までは関心が無かったのですが、これを機会に少し勉強してみたいと思っています。そのためにも色々とインターネットを使いながら情報収集していくことが必要ではないかと思っています。利息を法外に取られている場合があるかもしれないので、サラ金・消費者金融といったところで借金して高い利息に苦しんでいる方は一度専門家に相談して、該当するようであれば、検討してみた方がよいと思います。
現在、過払い金返還請求の急増に伴い、消費者金融も経営状態が悪化してきております。京都に本社を置く大手消費者金融であるアイフルも、事業再生ADR手続(特定認証 紛争解決手続)をとりました。事業再生ADRは、法的整理ではありませんので、アイフルが過払い債務の減額や免除を受けるというわけではありませんが、ADRで経営状況の悪化を改善できなかった場合、会社更生などの法的整理手続きを行うこととなるでしょうから、そうなればアイフルに対する過払い金は、大幅に減額されることとなります。
アイフルに対する過払い金の請求

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年4月19日 11:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もし払い過ぎた利息を元金に充当して再計算しても債務が残っている場合も、無駄ではありません。」です。

次のブログ記事は「相手先が破産などしてしまったら返ってこなくなる場合もあります」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。