過払い金の返還により事故情報の掲載はされない

債務整理の手続きの過程で、利息制限法に基づく引き直し計算を行った結果、利息の払いすぎが発生していることがあります。これを、一般的に過払い金と呼んでいます。最近はニュースなどになることも多いですね。

過払いしているグレーゾーン金利の返還を貸金業者に求めた場合のデメリットとしてブラックリストに載ることとなり以後10年位新たな借入ができなくなるということがありました。しかし、現在はこの取り扱いは信用情報機関により変更されており、過払い金の返還により事故情報の掲載はされないようです。

そもそもブラックリストとはなんでしょうか?実は債務整理をした人のブラックリストというものは存在していません。消費者金融・銀行などで借入をした時点で信用情報に載っていまして、それに対する返済状況が登録されているのです。延滞した場合延滞期間によりちがう登録がされています。

新たなクレジットカードを作ったり、新規に融資を受けるときには審査がありますが、このときに信用情報機関で延滞についての登録がある場合は契約を見送られてしまいます。債務整理をした場合、任意整理・民事再生・自己破産共に一定期間その経緯情報が登録され、一般的にはこれをブラックリストに載るといわれています。約7年でこの情報が消えるので半永久的なものでもありません。

前述するように、過払いの請求だけならブラックリストには載りませんし、載ることを警戒して完済のメドの立たない借金問題に追われるくらいなら、勇気をだして債務整理にチャレンジされた方がいいでしょう。チャレンジしたい場合は、司法書士や法律事務所への相談をオススメします。
過払いの請求とブラックリストについて

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年2月13日 11:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「払い過ぎた分は請求できる」です。

次のブログ記事は「不当利得返還請求」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。